2つの施設のスイミングスクールに通っていた話の続きです。

1話目はこちら↓


前回の話↓


*********************************
前回
295F6BDE-EE28-42EF-821E-BCA9FD23F33B
ジロに引き続きタロも決心したことで近場スイミングをやめることになりました。



B9DCADEF-B979-4B9B-9C39-C573F9660D8D
15185CA1-4848-4475-97D2-9FC44A03BD2F
F55151C8-0F5F-4A8C-A9E1-9CC8B6002D98
F9A73414-C082-4282-926B-EC0DE0E970C4
B52ACA0F-72CE-476D-9F7D-D6C745B55C1B
620DF1BA-2ED8-41FE-B9E1-CAB3F350E551
CA2E2387-F2D7-43AB-8F2F-1731F85B27C2
D7FBBF17-8229-4BDE-BB9C-6775C1385DE9
7CBF4ED8-6CEA-4105-8F5F-A99607A0B8C5
3CAFAFFD-6DC5-4D27-87A9-E4EF98C397DD

なんで泣くかって!!
それは!!!
勝手に涙が出るから!!!!笑(産後涙腺故障しっぱなし)


タロがある程度上手に泳げるっていうのは前々スイミングを見ていたので知っていたんですけどね、
 
前々スイミングは年齢別じゃなくてレベル別でクラスが分けられているので同じクラスにタロより大きい子がたくさんいて、タロが飛び抜けて上手く見えることはなかったんです。
(ただしスピードはやたら早い。脚力半端ない。体力おばけ)


なので近場スイミングからの電話で「一番上手」と言われた時私は
『そうなんだ〜!すご〜い!』と単純に驚いて喜んだし、

同時に『ちゃんと話聞いてみんなと同じようにやるようになってたんだね〜!よかった〜!』って安心したくらいでした。
 

でもパパが「タロは頑張ったんだ」って言うのを聞いてやっと気付いたんですよ。
 
タロ、努力したんだよね。

一番上手になるにはやっぱりコーチの話をちゃんと聞いて指示通りにやらないといけないわけで、

それは集中力が続かないタロには結構難しいことなんだけど、
頑張って言われた通りにやろうって、努力したんだろうなって。


そしたらなんだかすごいな、すごく頑張ったんだなって涙が出てきたよ。


私は「タロが褒められて嬉しかった・私は安心した」って結果だけを見て喜んだだけだったの、ちょっと恥ずかしいです。笑
「子供が頑張って、その頑張りが実を結んだことが嬉しかった」だよね、きっと。正しくは。

成功の裏には必ず努力があるんだもんね!


次で最後!まとめです!⑦へ続く↓




*********************************

イオンで嬉しかったこと↓


こんなに小さかったタロが↓