こちらの続きです↓



B951147E-0BBC-40F2-94C9-FEC9AC5C86A2
E9DCAFE8-CA39-4876-871C-6F0C7A9B88A1
F08577BE-E25B-4EF7-A1E9-0F50E7BFE6DA

アメリカの映画やドラマを見ていると時々登場するピニャータ。
叩き割るとかちょっと乱暴だなって感じですが、悪い物を追い払うという意味があるそうで縁起が良いのだとかなんだとか良く知らないので気になる人は検索してね!笑

40FBA1A1-D1DF-4F67-BE53-7B79F3395D3B
C25D1330-6F4E-4CC3-BAAA-7801D3AB4301

分からないので検索しました。作り方。

でも思い立ったら即出来上がるような代物ではなかったので(紙を糊の液に潜らせて膨らませた風船に貼っていき乾いたら風船を割って中にお菓子を詰めその後装飾し…って難しそう〜)本格的なものは諦めました。

AB87CFBF-C1CC-49F4-9CDC-E1EE23C1470A

これはもう、ピニャータとは言えないかもしれないけど。笑

A7D60E4E-CADB-4AF6-9C5C-3E67D9C143DA

マスキングテープを何度か肌に貼ったり剥がしたりして粘着力を弱めてから貼りました。

63E3509C-E212-4253-962B-2B196DD8D844

下から見たら使い捨てのどんぶりが見えちゃう構造です。笑

74EDA8F4-3084-44DD-A8E8-7BF25851225B

本当は天井から吊るしたものを叩いてもらうのですが、
天井に大きな穴を開けたくなくて(笑)ねじ式のものは買えず、
細い針を使った穴が目立たないフックを探したのですが見つからなかったため仕方なく手持ちにしました。

55E716A9-6BB8-4FC9-AC70-F19523BACC17

いつもおもちゃを乱暴に扱っちゃダメって怒られるからね、最初はやさし〜くやってました。笑

42960B60-E8D9-4828-86BC-8DA95DCE0623
5A9DBC08-A02B-4461-A23B-D809B1521C1C
B7D4D7EA-C386-43D7-B957-3723BB2B1F8E

ボテっと一気に中身が落ちて上手くいかないかな〜なんて思っていましたが、
マスキングテープが意外と頑張ってくれて(笑)
叩くごとにチョコとキラキラの紙吹雪のようなものが少しずつ落ちてきて
子供たちは叩くたびに歓声を上げていました。

キラキラの紙吹雪(プラスチック性)が舞う様子が綺麗だったので入れてよかったです!

RPGで敵を倒した後に敵が浄化していくようなそんな雰囲気(なんの話)


3759738A-A8F6-4258-84C0-7DA37B44C23C
C3711C4D-BB06-4578-A82C-EF1D4058BF25

急いでチョコだけ買ったからチョコだらけになっちゃったけど
キャンディが食べられるならキャンディとか小包装のパイの実とかグミとか
色々入れた方が楽しいと思います。


591CEB06-F46E-4880-9140-DE839766B315

叩き割るものなので手で持つのはやっぱりちょっと危ないですね。笑

1人1つずつでおばけを作ったのでタロとジロの棒がお互いに当たって怪我をするということはありませんでしたが、
1つだけしか作らないのなら自由に叩かせずに一発叩いたら交代、という感じにした方がいいと思います。(小さい時にやったハロウィンパーティーでは並んで一発ずつ叩いていってた。目隠しをしないスイカ割りみたいな感じだったかな)

今回は使い捨てのどんぶりを使って作ったので、それを叩き破れるように子供たちに持たせたのはプラスチックのおもちゃの棒。だから手に当たるとすごく痛かったのですが、

ちゃんと紙で作られたピニャータなら、叩き割るための棒も新聞紙を丸めて作ったもので十分なので
当たってもそんなに痛くないし安全だと思います。
次はちゃんと紙で作ろう!!!笑


大人数のハロウィンパーティーでも盛り上がりそうなのでおすすめです。